演出のアイデアのご参考に。一般的な流れや馬車演出のご紹介

厳かな雰囲気の中で、誓いをたてる
二人の誓いをたてる 光あふれるチャペル

 

 

 

 

 

挙式は、新郎新婦の緊張の極み。参列者の方々も、緊張が続きますが、ことの成り行きを見守っているほほえましい雰囲気がありますね。

 

 この後、さらに繰り広げられるキュートな

  演出によって、

  参列者の皆さん同士も 打ち解けて、

  心からの祝福の時を共有するのです。

 

 

 

婚約指輪、結婚指輪重ね付けしていますね。
指輪の交換は、誓いの証 

 

 

 

 

 

 

 

婚約指輪は、愛の約束をした証。

 結婚指輪は、その約束をさらに強く誓約した証。

 結婚指輪の習慣は、古代ローマ時代からあるそうで すよ。

 

一般に、結婚指輪は、左手にはめますが、それは、心臓(ハート)に近いほうにはめることで、誓いを強固にする意味があるそうです。

 

しかし、キリスト教では、カトリック系は右手、プロテスタント系は左手に という習慣があるそうなので、世界的に見れば、決まりは、ない、ということでしょうか。

 

毎日、快適に身につけていられるなら、しあわせ、それでよいのではないでしょうか。

 


赤、黄色、ピンク、白、カラフルな花びらにしたり、1色にしたり。
フラワーシャワー 気分を思いっきり上げてくれます♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フラワーシャワー、カラフルな花びらの組み合わせにしたり、単色にしたり。

肝心なのは、香りだそうです。花の香りで、二人の幸  せをねたむ悪魔を遠ざけてしまえ!というわけです。

 

チャペルから出てきてすぐの演出として、フラワーシャワーをされることが多いのは、そういうことなのですね。

 

ちなみに、ライスシャワーも、欧米では定番。新郎新婦が『豊かさと子宝に恵まれますように!』
『食べることに困りませんように!』という意味があるのです。

 

両方やりたくなっちゃいますよね。笑)

赤いバルーン、ハートの形でおしゃれ。青空の解き放たれると、さらに、あでやかな景色になります
バルーンリリース しあわせよ どこまでも~ 青空に映えますね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バルーンリリースは、ロケーションを味方にして、とても盛り上がる演出です。風向きの影響や、糸の絡みなどで、結構、アクシデントがあったり。それがまた、盛り上がります。

 

   近年は、環境保護の考えが定着して、自然に返る素   材のバルーンが選ばれたりしていますね。

 


未婚の女性に、ブーケが渡ると、その人が、次の花嫁さんになれるらしい。
ブーケトス 次の花嫁さんにと、ど、け!

 

 

 

                          新婦が、参列者のいる方向に背中を向けて、自分の頭越しに、ブーケを投げる。それを受け取った未婚の女性が、   次の花嫁になれる、、という言い伝えのお遊び的な 演出。

 

投げるブーケは、専用に作った小ぶりのものが多いそうですが、最近は、投げた瞬間に、2,3束に分かれて飛ぶ、というブーケも人気だそうです。

 

ほんとは受け取りたくても ガッツリ取りに行けない乙女のための気づかい、でしょうか。選ばれし女性は、たったひとり、、じゃないほうが、平和ですからね。

 

 

ブロッコリートスは ブーケトスの前哨戦?
ブロッコリートスは ブーケトスの前哨戦?

 

 

 

 

 

 

ブロッコリートスは、独身男性に向けて新郎がブロッコリーを投げるというもの。最終的に受け取った男性は、生のままかじる。マヨネーズも添えられて。男性も、次の新郎候補となるのだそうですよ。

 

また、ブーケトスをやりやすい雰囲気にするためにも 一役かっているらしいですよ。

 

なぜ、ブロッコリーかといえば、粒粒がたくさん集 まった感じが、子孫繁栄を表しているとか。これも 願掛けなのですね。

 


花びらを撒き散らして、邪気をはらう役目。
フラワーガール バージンロードを歩く花嫁を守ってね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花嫁が入場する時に前を歩き、バージンロードに花を撒く女の子、天使のようでかわいい。

 

子どもが活躍する役どころは、他にもあります。

バイブルボーイ(ページボーイ)、聖書を運びます。

リングボーイ、指輪を運びます。

ベールガール、花嫁のロングベールのすそを持ちます。

 

役目は、ボーイでもガールでも、どちらもありです。

 

かわいい演出になりますね。

2頭立て馬車、おしゃれなレゴブロック。赤い車輪
結婚式の馬車は、風情があっていいですよ

 

 

 

 

 

 

チャペルから出てきて、皆さんに祝福されるのだけれど、

 

   その次は、披露宴会場で、正式に、お披露目をし、   お客様をおもてなしします。

 

このときの披露宴会場までの移動に 馬車を使います。

ブーケトスなどを終え、ざわざわしている中、どこからともなく、、お迎えの馬車が現れます。このとき、景色が変わり、うおーっと歓声が上がります。

 

新郎新婦が乗り込み、またまた、シャッターチャンスの到来で、シャッター音が響きます。

 

皆さんの視線を浴びながら、しばしの旅立ち。一足先に披露宴会場へ向かいます。

 

また、披露宴のお色直し後の再入場で、馬車に乗って登場するという演出もあります。

 

 

 

 

 

 


馬の演出でお世話になっている結婚式場さま(敬称略)

ここにお名前のない式場様で、最初のお客様は、お得なサービスを受けられる予定です^^

お問い合わせくださいませ。

 

(式場様によっては、動物の立ち入り不可の場合があります。ご了承くださいませ。)

 

シマンテックストア

KRIS NEWS

スタッフ急募
>> 続きを読む