白いウェディング馬車は、使われなくなった 本物レトロ馬車を、修理し よみがえらせたもの。

REBORN! ですね。

記録写真として、撮ってこなかったので、あまりご紹介できるものがありませんが、今後、馬車に興味を持っていただける方が現れることを願って、ご紹介します。

馬車の重量は、おそらく500キロぐらい。。

安全重視でウィンチは、2箇所。ひとつは、滑車を使って負荷を半減させています。

 

軽くなるように作りましたが、それでも手動なので、夏は、たいへんな汗をかきます。

本番に汗だくだと見苦しいので、本番直前に、正装になるのですよ。

馬も正装させるので、直前に忙しさが増します。

 

電動ウィンチのついた専用のくるまがほしいですね~!

 

再生の様子を ほんの少し、ご紹介いたしました。

 

このほか、車輪のゴム部分が外れてしまったので、ゴムについても知識を得つつ、修理。

塗装をするのに、塗料の知識を求め、試行錯誤。

火花を散らして鉄を切ったり貼ったり。

アメリカ製のビスを使っていたので、それを求めて探し回ったり。

 

修理を始めて、稼動できる状態になるまで 結局1年近くかかりました。

なんと効率の悪いことをしているのでしょうね。

 

 

途中で、こんなことなら、ローンを組んで新車を購入すればよかった、とも考えました。

でも、持ち込んでしまったので、やめるにしても処分に手がかかります。

やるしかないと決め、取り組みました。

 

車輪のスポークは、なんと木製です。

塗装をしなおした所は、移動の最中にか、もう、取れている部分もあります。

なにかと、手のかかる代物ですね。

 

手のかかる子ほどかわいい!と思ってくださる、メンテナンス好きの方、、

馬車のお守りしてみませんか?

 

馬の演出でお世話になっている結婚式場さま(敬称略)

ここにお名前のない式場様で、最初のお客様は、お得なサービスを受けられる予定です^^

お問い合わせくださいませ。

 

(式場様によっては、動物の立ち入り不可の場合があります。ご了承くださいませ。)

 

シマンテックストア

KRIS NEWS

スタッフ急募
>> 続きを読む